腸が腐ってちゃ、なにをやってもダメよ

file#7 ビッグベンがあなたを救う?

ビッグベン

GW明け初日から妙にハイテンションになっている
腸活エキスパート薬剤師のミッチーです。

コロナの影響で楽しみにしていた旅行が
キャンセルになったという話を聞いて、
大学時代のことを思い出しました。

大学3年の冬に
友達とイギリス旅行を企画しました。

人生初の海外旅行だったので
地球の歩き方で観光スポットを調べ上げ、
B&Bで困らないように
イギリス英語もちょっと勉強しました。



にもかかわらず、
湾岸戦争が始まってしまい
泣く泣く断念しました。


フセインのバカヤロー


あっ年がバレますね (^^;



パブでぬるいビール片手に
フィッシュ&チップスを食べるのが
憧れだったのですが、
いまだリベンジは果たせていません(T_T)

生活習慣病とウンチの関係

イギリスといえば、
うんち業界(?)では有名な
デニス・バーキット博士という医師がいました。

このお医者さんは
第二次世界大戦中、
自らアフリカの病院勤務を志願し、
それから20年以上もアフリカ人を治療してきました。

そして
その豊富なアフリカでの臨床経験から
様々な発見をしました。


現在でも難病のリンパ腫の一つである
バーキット・リンパ腫
を発見したのもこの博士です。

さらに当時からイギリスでは
生活習慣病が増加の一途をたどっていましたが、

バーキット博士は
アフリカ農民は先進国の人々と比べて
大腸がんや糖尿病、心臓病が
極端に少ないことを発見しました。

そこで今度は
イギリス人学生とアフリカ農民の
ウンチを調べてみました。


すると、アフリカ農民のウンチは
イギリス人に比べて約5倍も大きい
ことが判明しました。


そして大腸でのウンチの滞在時間は
イギリス人が平均73時間だったのに比べて
アフリカ農民は平均36時間と半分でした。



あっ、ちなみにイカ墨を食べると
腸でのウンチ滞在時間がわかりますヨ(^^)



バーキット博士はこの研究結果から
ある格言を残しています。

国民のウンチが小さければ、
国は病院を大きくしなければならない。

(うろ覚え)

デニス・バーキット博士

そうです。

大きなウンチは
あなたを病気から守ってくれるのです。



さぁ、明日から
ビッグベンを目指しましょう。


ミッチー

ミッチー

「腸活」で日本を元気にしたい薬剤師です。 詳しいプロフィールはこちら